忍者とは? 
 忍者用語 
 忍者名鑑 
 忍者軍団 
 流派 
 忍術 忍技 忍法 
 忍具・忍器 
 忍者映画紹介 
 忍者漫画紹介 
 忍者書籍紹介 

 忍者に関するリンク集 


 

運営元サイトです。忍者Tシャツ販売中!!


シリーズ物 ゲームボーイ ファミコン スーパーファミコン
PCエンジン メガドライブ プレイステーション
プレイステーション2
セガサターン
ドリームキャスト
ゲームキューブ
X-BOX
アーケード その他


自分が操作できるもののみとし、敵のみに忍者キャラが居るものは省いています。
格闘ゲーム・スポーツ系ゲームは、キャラクター名(チーム名)のみにしています。

◆アーク・ザ・ラッド2
SCE 1996

◆アーク・ザ・ラッド3
SCE 1998

戦闘にシミュレーション要素を取り入れたRPG。
2、3に忍者「シュウ」が登場する。
◆あやかし忍伝くの一番
翔泳社 1997

学園アドベンチャー
◆ガッチャマン・ザ・シューティング
SIMPLEキャラクター2000シリーズ
バンダイ 2002

科学忍者隊ガッチャマンの
シューティングゲーム。
◆キャプテンコマンドー
カプコン 1998

ベルトフロア型アクションゲーム。
4人のキャラの一人に忍者「翔」がいる。
◆忍ノ六
アスティックトゥーワン 2000

すごろくゲーム(未確認)
◆藤丸地獄変
SCE 1995

登場人物の大半が忍者の
戦国シミュレーション。
システムが不親切で不満も残るが
シナリオが最高。
最終章「十勇士」は必見。
◆タイムギャル&忍者ハヤテ
タイトー 1996

アーケードのLDアドベンチャーの移植。
◆立体忍者活劇 天誅
SCE 1998

◆立体忍者活劇 天誅 忍凱旋
SCE 1999

◆立体忍者活劇 天誅 忍百選
SCE 1999

◆立体忍者活劇 天誅弐
SCE 2000

忍者は「戦わず隠れ忍ぶ」を
採用した唯一のゲーム。
忍者好き、かつゲーム好きの人で
知らない人はいない程の超名作。
敵に見つかってしまうと総攻撃され苦戦するが、
見つからずに敵に接近すると
一撃にて葬ることができ、
隠れ忍ぶ中にも爽快感があった。

また、「虎の巻」というモードがあり
そのモードでは「自分で面が作成できる」という
恐るべきモードも付いていた。
これがある事で、発売から時間がたった今も
繰り返し遊ぶことができる。

細かい事だが、かの名作「メタルギアソリッド」よりも
「死体隠蔽」「水中移動」を早く採用していた。

◆忍者じゃじゃ丸くん 鬼斬忍法帖
ジャレコ 1997

じゃじゃ丸くんが3D化して復活。
◆忍風戦隊ハリケンジャー
バンダイ 2002

同名TVのアクションゲーム。
◆るろうに剣心 維新激闘編
SCE 1996

◆るろうに剣心 十勇士陰謀編
SCE 1997

同名マンガのゲーム化。
「維新激闘編」は格闘アクションで、
「ひょっとこ」「般若」
「式尉」「四乃森蒼紫」が忍者。
「十勇士陰謀編」はRPGで
「四乃森蒼紫」が仲間に加わる。
◆エアガイツ スクウェア 1998
・サスケ
◆FIST イマジニア 1998
・刻風
◆ブシドーブレード スクウェア 1997
・蛍火
◆ブシドーブレード弐 スクウェア 1998
・ナイトストーカー








◆アニメバトル烈火の炎
FINAL BURNING
コナミ 2004

同名アニメのコマンド入力式対戦アクション。
◆鬼武者
カプコン 2001

◆鬼武者2
カプコン 2002

金城武、松田優作を3D化した主人公が
話題になった戦国バッサリアクションアドベンチャー。
その1で「かえで」、2で「風魔小太郎」が使用できる。
◆COOL GIRL
コナミ 2004

ハイスピード3Dアクションゲーム。
二人の主人公の一人が
くノ一の「アスカ」。
◆Kunoichi
セガ 2003

「忍」シリーズの流れを組む7作目。
主人公はくノ一の「緋花(ひばな)」。
殺陣可能数が増えたり
前作「Shinobi」から更にアクションが増えた。
◆侍
スパイク 2002

題名は「侍」だが、登場する刀の中に
「忍者刀」が存在し、本来敵にしかいない
忍者をプレイキャラモデル変更の裏技で
忍者にしてしまえば…

この「侍」に出てくる忍者のデザインが
恐ろしくかっこいい。
◆侍道2
スパイク 2003

同上…
だが2に出てくるのは「隠密」。
普段は薬売りなのがいい感じ。
虚無僧も忍者刀で襲ってきたりするので
「七方出」を知っていたらニヤリとする一面も。
◆ザ・ダンジョンRPG 忍
魔物の棲む城
D3パブリッシャー 2002

「不思議のダンジョン」シリーズによく似ている。
難易度はこちらの方が簡単。
◆Shinobi
セガ 2002

「忍」シリーズの流れを組む6作目。
主人公は朧一族「秀真(ほつま)」。
忍シリーズの伝統を継承しつつ
スタリッシュなアクションゲームに生まれ変わった。
「殺陣」システムの爽快感は
他のゲームを圧倒する。

条件を満たすと忍シリーズの
英雄「ジョー・ムサシ」も使用可能。
◆戦国無双
コーエー 2004

◆戦国無双 猛将伝
コーエー 2004

「一騎当千の爽快感」が舞台を戦国に移して登場。
主要キャラに「服部半蔵」「くのいち」がいる。
個人的に「くのいち」の言動全てが嫌い。
◆天誅参
フロムソフトウェア 2003

◆天誅紅
フロムソフトウェア 2004

諸事情で大元の開発会社から離れてリリースされた
「参」「紅」だが「奥義」システムや、紅での「連殺」、
時代劇的要素との絶妙なミックス等など、
見るべき所は山ほどある忍者ゲームの総本山。
「必殺仕事人」が好きな人もチェックするべき。
◆ニンジャアサルト
ナムコ 2002

アーケードガンシューティングの移植。
アーケードとは違うストーリーモードがあったり
ナムコお得意の大盛り移植。

使う銃は「魔破銃」という名前。
◆義経英雄伝
フロムソフトウェア 2005

源平が世界観のタクティカルアクションゲーム。
「伊勢三郎義盛」が登場。
「天誅・紅」の「凛」も登場するようだ。
◆鬼武者無頼伝 カプコン 2003
・かえで ・風魔小太郎 ・雑賀孫市
◆カプコンファイティングジャム カプコン 2004
・ムクロ ・ガイ
◆ドリームミックスTVワールドファイターズ ハドソン 2003
・アスカ







シリーズ物 ゲームボーイ ファミコン スーパーファミコン
PCエンジン メガドライブ プレイステーション
プレイステーション2
セガサターン
ドリームキャスト
ゲームキューブ
X-BOX
アーケード その他